忍者ブログ
Admin*Write*Comment
健康本で素敵に長生き!
[159]  [162]  [166]  [161]  [157]  [168]  [177]  [186]  [178]  [184]  [181
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長寿と遺伝子長寿と遺伝子
白澤 卓二
日経BP社 刊
発売日 2005-06-30
オススメ度:★★★★★




長寿と遺伝子 2005-08-22
この本は、とにかく読み易い!!
一見難しそうなタイトルだが、内容は遺伝子と長生きにはどんな因果関係が隠されているのだろうか?人とは何の関わりもなさそうにみえるが、大変関係深い”線虫”という回虫の仲間やショウジョウバエ、ネズミ、酵母を使い研究の成果を語っているのが面白い。
また、脳の話は多くの人の興味を引くが、この分野の基礎研究は、まだまだ入り口のところで、そこを著者が解かり易く解説しているのはうれしい。
この本は、2002年11月より1年間、日経新聞日曜日の科学欄のコラムをまとめた本で、7章52タイトルあるが、内容はどれをとっても身近で、このタイトルを見ているだけで、加齢という人生の通過点で起きる”病との克服”という研究者達の挑戦は読者にとっても見逃すことの出来ない魅力あるものと痛感した。

医科学系の本の類は、実用書が多くを占めているが”長寿と遺伝子”は、実用書の系統ではなく、珍しく読物として楽しめた。それはおそらく著者の文才が優れているからなのであろう。

例えば、”アルコ−ル解毒酵素がアルツハイマ−病の発症に関与?”という項目があるが、お酒好きには、えっ!それってどういう事?とか”ダイエットは年を取ってからでも遅くない”というタイトルは、思わず”私も今からでも遅くない!”という希望の光が見えて嬉しい限りである。

その他にも最近話題の”アンチエイジング”(抗加齢)とは一体何なのか?など興味深い内容が満載である!この本を一読すると、”医科学系の本もかなり楽しめる”という感覚を持った。医科学とは、”体”についての科学で自分のことを知り、事前に心構えをし予防しておけば、楽しい人生が送れることだろう。そして、全部を読み終えると、”年を取る事は恐ろしいことでも、悲しい現実でもないかも知れない”という気にさせてくれる、一冊であった。蛇足だが、この分野のさらなる研究をお願いしたいのと、社会のインフラ即ち”日本人の老後が幸せに送れる”仕組み作りを、真剣に考えることが急務だとつくづく感じた。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
健康で長生きするのは家族を養う身の義務です。わずか数百円や数千円の本で、何年かの寿命が買えるとしたら安いと思いませんか? あなたが探している本がここにあります。
  • COOL!
  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • カテゴリー
  • 最新コメント
  • プロフィール
HN:
kenkoho
性別:
非公開
  • バーコード
Copyright © 健康本で素敵に長生き! All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]